トップページ  > @kidsensembleさんの作品一覧 > 「シンセ合奏曲「モーツァルト交響曲第40番 1楽章」」
シンセ合奏曲「モーツァルト交響曲第40番 1楽章」@kidsensemble
評価:評価はありません
閲覧数:2307
購入数:-
ファイル形式:zip
発表日:2013年06月13日
価格:1500円

【原 曲】交響曲第40番 第1楽章
【作曲者】モーツァルト
【編 曲】きっずあんさんぶる
【楽器編成】
(この楽曲はシンセサイザー用の編曲のため、楽器名=音源名となります)


* フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ヴァイオリン4パート,ヴィオラ2パート,チェロ,コントラバス


【演奏時間】約5分30秒前後
【デモ演奏】 https://www.box.com/s/eg928yef3vrgke8go5nw
【楽曲解説】


* 大変有名な曲なのでご存じの方も多いと思いますが、この曲は幼稚園の年長クラスの発表会用にシンセサイザー編成として編曲しました。
* 原曲はト短調なのですが、幼稚園の先生の依頼によりイ短調に移調してあります。
* デモ演奏をお聴きいただくとわかりますが、冒頭からリピート部分まではカット無しで進行し、繰り返しの最後の部分から終結部に繋いであります。最も曲が華やかになる展開部分をカットしてあるので物足りなさは否めませんが、演奏対象が幼児であり練習の質を高めることや時間的なことに配慮しています。
* 12パートですが、すべてのパートが全く別個の動きをしているわけではなく、必ず同じ旋律を演奏しているパートが他にもあります。ひとりひとりの責任と負担が重くなりますが、重複しているパートを減らせばさらに少ない人数で演奏できます。
* 弦楽器パートの細かなきざみ、八分音符の連続はなるべく曲の雰囲気を壊さないように書き換えてあります。余裕があれば原曲通りのきざみやスケールを演奏してみて下さい。(冒頭のヴィオラのきざみは裏拍をすべて抜いてありますので、トライするなら頭の拍と同じ音を演奏させて下さい。冒頭に限らず裏拍を抜いてある箇所は頭の拍と同じ音符で解決できます)
* 小学校以上で演奏するなら、音色の対比という点では物足りなさがありますが、アコーディオンと鍵盤ハーモニカを主体とした器楽合奏が面白いと思います。リコーダーを入れても面白いですが、かなり難易度は高くなります。

ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ! kidsensemble@gmail.com
コメントは作品を購入した人のみ投稿できます。
この作品には、まだコメントがありません。


出品者にtwitter名を通知して購入する



 WebMoneyで支払う
 BitCashで支払う
 PayPalで支払う
 アメポイントで支払う

※決済金額により選択可能な決済方法は異なります。